トップページ

クール・ジャパンを考える

2002年にひとりのジャーナリストが論文で用いた、「クールジャパン」という単語は、今ではその後、多様な意味合いを意味を持ち始め、ついに2005年に公共放送のNHK番組のタイトルとなって、さらに2010年に経済産業省が「クール・ジャパン室」を設置するまでに至りました。


外国人からも人気のあるクールなジャパン日本の作品、コンテンツをレビューします。
こんなに優れた作品がたくさんあることを皆さんに知ってほしいとの思いからこのサイトを立ち上げましたクールジャパン/クリエイティブ産業
ところで「クールジャパン」と聞いたときにあなたは、一体何を、どんなことを想像しますか?
マンガですか?それともアニメですか。はたまたアイドルでしょうか?
中にはポップカルチャーだと言う人もいるかもしれません。
いやそんなB級面ではなく、日本古来のからある神社仏閣、武道や茶道といった伝統文化こそが、
クールな日本である。そう考える方も多いでしょう。

このように多様な文化がごちゃまぜになっていることが日本の文化の魅力なのです。この日本の創造力は、Adobe社による調査ですごく評価されているんです。
クリエイティブな国としての調査でなんと日本が一番に選ばれています。
世界から高い評価と共感を受けています。


今や、世界はインターネットで広がり、クリック一つで海外の様々な製品、コンテンツを買うことができます。決済サービスはクレジットはもちろん仮想通貨など世の中はどんどん進化を遂げています

そのなかで影響力を持ってくるのは、文化力です。文化は人をとりこにし、そのミームを
他人へと感染させ、文化的遺伝子は受け継がれていくのです。




メニュー

2015年05月01日
MOONLIGHT MILE(23) (ビッグコミックス)
2015年05月24日
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 1 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (アクションコミックス)
2015年05月29日
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 2 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (アクションコミックス)
2015年06月02日
【日本国内正規品】KIPON ペンタックスKマウント/DAシリーズレンズ - 富士フィルムXマウントアダプター マクロ
» 続きを読む